1. ホーム
  2. ゴミの分別
  3. 廃食用油リサイクルについて

廃食用油リサイクルについて

よくある質問

廃食用油リサイクルについて教えてください。
使用済みてんぷら油を回収し、軽油の代替燃料であるバイオディーゼル燃料(BDF)を精製し、市のじん芥収集車に使用しています。
廃食用油リサイクルの目的や効果は?
地球温暖化の防止対策や環境にやさしい資源循環型社会の実現を目指し取り組むとともに、市の環境問題に対する取組みを市民に周知します。

メリット

  • バイオディーゼル燃料(BDF)から出る排気ガスは、軽油と比べ温室効果ガスである二酸化炭素の排出量が少なく、大気汚染の原因となる黒煙や酸性雨の原因となる硫黄酸化物が少ない。
  • 軽油の代わりにバイオディーゼル燃料(BDF)を使用することで燃料費を節減できる。
  • 廃食用油を排水として流さずにリサイクルすることで公共用水域、下水道の水質汚濁防止になる。
廃食用油の出し方と出す場所について教えてください。
ふたの閉まる容器(密閉できるもの)に入れ、下記の施設に持ち込んでください。
持込施設(所在地) 持込時間
リサイクルプラザ 毎日9:00~16:30(年末年始は除く)
小郡総合支所資源物ステーション 毎日8:30~17:00(年末年始は除く)
秋穂総合支所資源物ステーション 毎日8:30~17:00(年末年始は除く)
阿知須清掃センター 平日7:30~14:00(年末年始、土日・祝日は除く)
徳地総合支所資源物ステーション 毎日8:30~17:00(年末年始は除く)
阿東総合支所 毎日8:30~17:00(年末年始は除く)

注意事項

必ず、ふたの閉まる容器(=油が入っていた容器またはペットボトルなど)に入れ、密閉して出してください。家庭で使われた植物性の食用油に限ります。
廃食用油リサイクル施設について教えてください。
廃食用油リサイクル施設は、総事業費12,852千円で環境省の二酸化炭素排出抑制対策事業等補助金を受けて平成16年11月に鍛治畑不燃物処分場内に竣工しました。
精製装置は㈱ダイキアクシス製で1回に100リットルのバイオディーゼル燃料を精製することができます。

直前のページに戻る