1. ホーム
  2. ゴミの分別
  3. 紙類、機密文書の処分方法について(事業系)

紙類、機密文書の処分方法について(事業系)

どうやって処分したらいいですか?
リサイクルできない紙類(感熱紙、カーボン紙、圧着ハガキ等)は「燃やせるごみ」として、その他は新聞、ダンボール、紙パック、紙製容器包装、雑がみの各区分に分別の上、市の資源化施設に持ち込むか、民間の古紙回収業者に依頼してください。
※市の施設への持ち込みには「資源物処理登録」が必要になります。
機密文書の処分方法は?

①自社でシュレッダー処理し、山口市リサイクルプラザに持ち込むか、古紙回収業者に依頼

古紙回収業者
㈱礒野商店 山口市下小鯖347番地2 TEL083-927-0133
㈱原田商店 山口市小郡船倉町3番23号 TEL083-973-1150

②シュレッダー処理業者に依頼

一度に大量の機密文書を処理される場合や、自社でシュレッダーをお持ちでない場合は、市の許可業者(下記)に依頼して下さい。いずれの業者も大型の移動式シュレッダー(トラック)で事業所までお伺いし、依頼者の見ている前で機密文書の処理を行っています。詳細は各業者にお問い合わせ下さい。

シュレッダー処理業者
株式会社 維新 山口市秋穂東1555-1 TEL083-984-5855
株式会社 ISONO 山口市下小鯖347-2 TEL083-927-0990
有限会社 光田商店 山口市三和町6-5 TEL083-922-5063
市の資源化施設とはどこですか?
  • リサイクルプラザ
  • 小郡資源物ストックヤード
  • 青江ストックヤード
  • 阿知須清掃センター
  • 阿東クリーンセンター
市の資源化施設への持込にかかる費用は?
無料です。

詳しくは、「ごみ分別の手引き」古紙類のページをご参照ください。

       

直前のページに戻る